The Third 展
2013年3月23日(土)−3月31日(日)
零∞(東京)

HP:http://zerohachi.net







The Third

最近、私の身の回りで「3」という数字が妙に目立っている。
33才、結婚3年目にして3人家族。そして今回、2013年3月にこの展示の機会を得た。平面という二次元の世界と向き合っている私にとって、どうも「3」という数字は現実的な厚さや重みを暗示させるものだ。そして気付けば、あの震災からも今年は3度目の春である。あの日から随分と平坦だった日常は良い意味でも悪い意味でも、表情が多彩となり遠近感が生まれたのではないか。劇画のような陰影の濃い「立体的」な現実と向き合いつつある感覚がある。
私はこの変化を「The Third」と呼び直してみたい。
作家など元より、あらゆるものを芸の肥やしにする三枚目でもある。その貪欲さを本望とする展示となるような意味も込めて。


×